現代アート&デザインのセレクトショップ

LAMMFROMM Official Site(ラムフロム公式サイト)

HOME« 【新商品】直筆サイン入り・限定150個!小林孝亘 スノードーム | 現在位置 | 【ラムフロム HINKA RINKA 銀座店】2018年1月2日から『新春Candiesセール』スタートです! »

【新商品】ラムフロムオリジナル「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」発売のお知らせ&サイン入り作品集「聞耳の森」再入荷のお知らせ

投稿日:17/12/29 | カテゴリー:ラムフロム | 担当:LAMMFROMM | コメントは受け付けていません。

トラックバックURL:http://www.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=32889

【新商品】ラムフロムオリジナル「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」発売のお知らせ&サイン入り作品集「聞耳の森」再入荷のお知らせ

全国の土屋仁応ファンの皆様、猫好きの皆様、猫オーナーの皆様、猫は大大好きだけど諸々の事情で飼えない皆様、猫ぬいぐるみコレクターの皆様、そしてラムフロム・ウォッチャーの皆様、おはこんばにちわ。この年の瀬に(しかも来年は戌年なのに)何故かネコネコ言ってる中の中の人@LAMMFROMM、さて何故でしょう?…って、タイトルでもうバレてますね、ふふふっ。

え〜ということで、年の瀬に突然ですが、ラムフロムからオリジナルニャートグッズ完成&発売のお知らせですよ! 実在の動物から神話や想像上の動物までをモチーフに、伝統的な仏像彫刻の技法を使った木彫作品が近年国内外で大きな注目を集めている新進気鋭の日本人彫刻家、土屋仁応さんとラムロムがコラボした子猫ぬいぐるみの第二弾、猫好きにはたまらない”香箱座り”の子猫ぬいぐるみ「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」が完成しました! 本日12月29日(金)よりラムフロム・オンラインストアにて購入予約受付を開始! ラムフロム HINKA RINKA 銀座店では新年1月2日(火)より販売開始です! またこれを記念し、あわせて再入荷した土屋さんのサイン入り作品集「聞耳の森」もご用意しましたので、ぜひ一緒にお買い求め下さい☆ 

【ラムフロム・オンラインストア】

※ラムフロム・オンラインストアの年始発送業務は、2018年1月4日(木)からとなりますので、ご購入商品の発送は1月4日以降となります。予めご了承下さい。

 

サイン入りは数量限定!土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)

【新商品】ラムフロムオリジナル「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」
(※ぬいぐるみには個体差がある為、写真とは若干見た目が異なる場合がございます)

土屋仁応さんとラムフロムの初コラボグッズ「土屋仁応 ぬいぐるみ 子猫 Kitten」の発売から早3年。発売直後から大きな反響を頂いたKittenちゃんは、完売してからも、『再販売の予定はないのですか?』というお問い合わせをよく頂いていたのですが、この度ラムフロム、土屋さんの新たな子猫の彫刻作品をモチーフにした新作子猫ぬいぐるみ「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」を製作しました! 今回の子猫ちゃんはなんと、”お座りポーズ”の子猫ちゃんです。でもこのお座りポーズ、猫を飼っている方はご存知かと思いますが、ごく普通の可愛いお座り姿、ではないんです。しかもこの座り方には呼び名もありまして、「香箱座り(こうばここすわり)」と呼ぶそうです。(わたくしも、猫好きを自称しながら、今回初めて知りました…)

 

【新商品】ラムフロムオリジナル「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」

わたくしと同じくこの「香箱座り」についてよく知らないという皆さんの為に、ちょっと説明しますと、「香箱座り」とは、『猫が体を丸め、前足・後ろ足を体の下にしまいこむように折りたたんだ姿勢』のことで、この姿がお香を入れる蓋つきの箱「香箱(こうばこ)」を連想させるという理由から、そのように呼ばれています。(諸説あり)

で、ここからが重要なのですが、猫が人の側でこの「香箱座り」状態でいる時、その猫はその人をとっても信頼していて完全にリラックスしている状態なのだそうで、自然界(猫界?)においては普通、四肢を中に折り曲げて座る”即座に立てない”状態は襲われた時に命取りとなるので、この「香箱座り」は、よほどリラックスしていないとできないのだそうです。

ということで、今回ラムフロムが製作した土屋さんの子猫ぬいぐるみは、”完全リラックス状態”の香箱猫ちゃんなのです☆ この、ぬいぐるみの香箱猫ちゃんなら、猫が大大きなのに抱こうすると何故かいつも「シャーっ!」とか威嚇されてしまう人や(わ、わたくしのことではありませんよ?)、猫アレルギーでどうしても猫に触れない方でも、安心して抱っこできます♪

 

【新商品】ラムフロムオリジナル「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」

正面から見るとこんな感じでございます♪ 「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」の特徴について、白い毛並みや桃色の耳先やしっぽなどは、(桃色部分が若干増えつつも)Kittenちゃんと共通しているのですが、今回一つ、大きく異なっている特徴があります。

次の写真をご覧ください♪

 

【新商品】ラムフロムオリジナル「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」

Kittenちゃんと大きく異なっている特徴、それは、左右で瞳の色が違う「オッドアイ」です。

透明感あるオッドアイは、土屋作品に共通する静謐さや透明感といった特徴にこだわり再現した、子猫の切れ長の目にふさわしい色になるよう、ラムフロムが特にこだわった部分でした。オッドアイを持つ猫ぬいぐるみなんて、世界中探してもおそらくほとんど存在していないと思われます。(存在してたらごめんニャさい)

 

【新商品】ラムフロムオリジナル「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」

全体はこんな感じです☆ 左下の写真の後ろ姿、お尻りが桃?みたいで気に入っております♪

 

【新商品】ラムフロムオリジナル「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」

桃なお尻よりさらに気に入っているのが、こちらの先っちょがピンクなしっぽです。この、曲線具合がたまりません。

 

【新商品】ラムフロムオリジナル「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」

「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」は、今回も特製の桐箱入りです。第一弾で好評だった桐箱は、今回仕様を若干変更しましたが、前回同様、蓋には土屋氏が描き下した香箱姿の子猫のドローイングがプリントされています。また、箱の蓋に土屋さんのサインが入っているものは【数量限定】ですので、サイン入りをゲットしたい方はお早めに〜☆

【数量限定】サイン入りで再入荷!土屋仁応 作品集「聞耳の森」

【サイン入り】土屋仁応 作品集「聞耳の森」

「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」の発売にあわせて再入荷しました、土屋さん直筆サイン入りの作品集「聞耳の森」です。以前の紹介でもちょっと書きましたが、”人が作ったものとは思えない”土屋さんの彫刻作品たちの、その内と外に宿してた神秘的な美しさや繊細さは、間違いなく作品集からも伝わってきます。まだ持っていないんだよね〜という皆さん、今回のサイン入り作品集、ぜひあわせてお買い求め下さい♪

 

【新商品】ラムフロムオリジナル「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」

最後はこちらの、香箱猫ちゃんの抱っこ写真をご覧下さい☆ どうですか? このすっぽりと腕の中に収まった子猫ちゃんの様子。皆さんもこんな風に抱っこしてみたくないですか〜♪ 

「土屋仁応 ぬいぐるみ 香箱猫(Catloaf)」は、本日12月29日(金)よりラムフロム・オンラインストアにて購入予約受付を開始! ラムフロム HINKA RINKA 銀座店では新年1月2日(火)より販売開始です! 新しい年の招き猫として、土屋さんの香箱猫ちゃんをぜひご自宅にお招き下さい☆

【ラムフロム・オンラインストア】

※ラムフロム・オンラインストアの年始発送業務は、2018年1月4日(木)からとなりますので、ご購入商品の発送は1月4日以降となります。予めご了承下さい。

 

え〜そして、最後の最後になりましたが、今年一年、ラムフロム銀座店&オンラインストアをご利用頂きまして、そしてラムフロム公式サイト&SNSをご覧頂きましてありがとうございました。皆様からの「いいね」や暖かいメッセージ(そしてページビュー数)は、ラムフロムスタッフみんなの心の支えでございます。本当にありがとうございました。来年も多くの方に更に沢山ご利用頂けるよう頑張って参りますので、引き続きよろしくお願い致します。

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えください♪ 2018年は「ラムフロムから”ニャートグッズ”というワードを流行らせること!」が野望の中の中の人@LAMMFROMMでした〜☆

こちらの記事もお勧めです。

  1. 【ラムフロム HINKA RINKA 銀座店】ディック・ブルーナ「ブラック・ベア グッズ」特集のおしらせ
  2. 【ラムフロム HINKA RINKA 銀座店】『猫&アート』特集 人気グッズ TOP3
  3. 【ラムフロム HINKA RINKA 銀座店】クリスマスギフトにオススメ☆アートグッズ
  4. 【ラムフロム HINKA RINKA 銀座店】トイズセレクション☆人気アイテムTOP3☆
  5. 「ラムフロム HINKA RINKA 銀座店 in 東急プラザ銀座」レポート(その1:お店紹介)

{Comments are closed}