現代アート&デザインのセレクトショップ

LAMMFROMM Official Site(ラムフロム公式サイト)

HOME« 【新入荷】草間彌生 マグカップ(黄樹・ネット) | 現在位置 |

【新商品】草間彌生xラムフロム オリジナルスニーカーは明日11月23日(金・祝)より販売開始です!

投稿日:18/11/22 | カテゴリー:ラムフロム | 担当:LAMMFROMM | コメントは受け付けていません。

トラックバックURL:http://www.lammfromm.jp/wp-trackback.php?p=33608

【新商品】草間彌生xラムフロム オリジナルスニーカー

全国全世界の草間彌生ファンの皆様、草間彌生グッズコレクターの皆様、そしてファッショニスタの皆様、スニーカーコレクターの皆様、そしてそしてラムフロム・ウォッチャーの皆様、おはこんばには。中の中の人@ラムフロム、長い間黙っているのが本当に辛かったー!、でございます。

ボスから『今度スニーカー作ろうと思ってね』という言葉を聞いたのは(多分)約3年前のこと。ついに、つ・い・に、この日がやってきました! いよいよ今週末の11月23日(金・祝)より、「草間彌生 x LAMMFROMM オリジナル スニーカー」が、ラムフロム HINKA RINKA 銀座店&オンラインストアにて先行発売開始です!

え〜ということで、本日はですね、「草間彌生xラムフロム オリジナルスニーカー」発売直前スペシャルと題しまして、わたくし、中の中の人@ラムフロムより、草間彌生スニーカーの構想から完成までの「製作話」をお届けいたします。すでに買うと決めている方も検討中の方も、買う前にぜひぜひお読み頂けたらと思います☆

それではスタ〜ト〜!

草間彌生xラムフロム スニーカーのご紹介

【新商品】草間彌生xラムフロム オリジナルスニーカー

さて、まずは初めに、「草間彌生xLAMMFROMM オリジナル スニーカー(2種)」について、簡単に説明したいと思います。

今回ラムフロムが企画・製作しました「草間彌生 スニーカー 黄樹 HI」と「草間彌生 スニーカー 無限の網 HI」は、草間さんの代表的モチーフである『黄樹』と『無限の網』を、国の伝統工芸品にも指定されている京都の先染の紋織物「西陣織」で再現し、そのオリジナル生地を元に、九州・福岡にある100年以上の歴史を誇るスニーカー工場にて、生ゴムに硫黄等を練り込んで底付し窯に入れ、120~130℃の熱と圧力を約1時間加えてゴムの化学変化を引き起こすことで靴の上部(アッパー)とゴムの靴底を圧着させる「ヴァルカナイズ(加硫)製法」でもって、柔軟性と耐久性に優れたゴム底の、しなやかで美しいシルエットに仕上げられたスニーカーです。

 

【新商品】草間彌生xラムフロム オリジナルスニーカー

スニーカーのサイズは共に「ユニセックスタイプ」で、23cmから28cmまでの合計6サイズあります。(ハーフサイズはございません) また、付属品として、各スニーカーと同じ柄の「シューズバッグ」と、通常タイプの「平紐(白タイプは共通で、黒は黄樹、赤は無限の網に付属)」がつくのですが、初回生産分ではなんと、発売記念として「丸紐(黒は黄樹、赤は無限の網に付属)」も入っており、合計3本の靴紐を、ファッションやその日のモードでチェンジして楽しむことができちゃいます☆ ということで、今これを読んでくださっている皆さま、早めのゲットがオススメです♪

スニーカー製作のきっかけはあの草間作品でした!

【新商品】草間彌生xラムフロム オリジナルスニーカー

さて、ここからいよいよ「草間彌生スニーカーの製作」についてお話ししたいと思います。

そもそも何故ラムフロムがスニーカーを作るに至ったか。それは、草間さんのハイヒール作品がきっかけでした。作品を見ていた際に、アートプロダクトとして「靴」というアイテムも面白そうだなと閃いたボスは、でも作るなら男女問わず履けるスニーカーが作りたいと思ったのだそうです。今から約3年前のことです。

こうして始まった「草間彌生スニーカー 製作プロジェクト」。そのプロジェクトでラムフロムがもっとも拘ったのが、「モチーフをプリントではなく織物(テキスタイル)で再現すること」でした。

ラムフロムは、”アートプロダクツを作る事は、作家の手の跡を辿る作業である” という考え方に立って、長きにわたりアートプロダクツを企画製作しています。そして、今回のスニーカー製作で言えばそれは、本物の草間作品を見ないと分からない”絵の質感”をスニーカー上に再現するという挑戦でした。そこで、その質感を出す為には通常のスニーカーのようなプリントではなく、織物でそして、選んだのが誰もが知る京都の「西陣織」です。

実は西陣織は、スニーカーのマテリアルとして以前から使われており、それを草間彌生スニーカーで採用することは、今回のプロジェクトの早い段階で決定していました。また、西陣織を選んだ理由はもう一つあり、それは、『日本を代表する”西陣織”という工芸と、日本を代表する現代美術家である草間彌生さんの作品を結びつけたらユニークかなと思った(byボス)』からでした。(”ユニーク”もラムフロムのモットーです。)

今回のスニーカーのためのオリジナル生地の製作は、製作を依頼した織元でも難航を極め(西陣織の老舗織元です!)、紋図(生地を織るための設計図)の作成から苦労したようです。「黄樹」柄「永遠の網」柄、共に、一つ一つのパーツは小さくて、柄のリピートが大きいデザイン案でしたので、織機の規格と合わせるための作業が特に難しかったとのこと。

特に「黄樹」柄については、大から小へ数珠繋ぎの柄ベースに流水の紋様のように絡み合う柄になっており、こちらを表現するためにPCでの処理が出来ず、紋図職人が昔ながらのやり方で、一つ一つ手作業でデザイン案に沿って製作、また、製織の段階で苦労したのは「色合い」で、今回の生地では、綺麗な色合いを出す為に、普段は金糸でしか行わない同一ラインに同じ色を2本を引き合わせて織る「2本合せ」をしながら製織しているそうなのですが、実はこれを行うと生地の密度が高まり織りづらくなるんだそうです。
『密度が高い生地は、生地強度も高いので好ましい点ではありますが、逆に現場では織機の不調にもつながりますので、難しい所であります。密度が高まる上に、精緻な柄を表現しないといけない点も非常に大変でした。(織元担当者)』とのことでした。

 

【新商品】草間彌生xラムフロム オリジナルスニーカー

デザインの見え方が想定通りになるまで何度もやり直して完成したオリジナルの西陣織は、特に「黄樹」の生地の色は、黄色と黒の糸だけでは再現できず、もう一色別の糸を織り込んで初めてイメージに近い色の生地になりました。そんな作業の大変さは、織元から伺ったお話からも偲ばれます。

こうして職人さんの努力とボスの粘りで持って完成したオリジナルの西陣織は、やっぱり大変だった耐熱性のテストにも無事パスをした後、九州のスニーカー工場へと送られて、スニーカーになりました。そして、いよいよ11月23日(金)午前11時より、ラムフロム HINKA RINKA 銀座店&ラムフロム・オンラインストアにて発売開始となります!

 

スタッフのわたくしも3年間待ちに待った草間彌生スニーカー。ラムフロムが自信を持ってお送りする、世界で唯一、初めての「草間彌生スニーカー」を、皆様どうぞお楽しみください☆

ラムフロム・オンラインストア 草間彌生 スニーカー のご購入はこちらから!>>>

商品詳細

  • 品 名|草間彌生 スニーカー 黄樹 HI / 草間彌生 スニーカー 永遠の網 HI
  • 素 材|アッパー:西陣織り(ポリエステル) ソール:合成ゴム
  • 原産国|日本
  • サイズ|23.0cm-28.0cm(ハーフサイズ無し)
  • 付属品|シューズバッグ、靴紐(白平紐、黒/赤平紐)、靴紐(黒/赤丸紐/発売記念:初回生産分のみ)
  • 価 格|28,000円(税別)
  • 発売日|2018年11月23日(金・祝)
  • 販売店|ラムフロム HINKA RINKA 銀座店/ラムフロム・オンラインストアにて先行発売

【メディア紹介】

こちらの記事もお勧めです。

  1. 草間彌生 x LAMMFROMM オリジナル スニーカー 発売のお知らせ
  2. プレスリリース:草間彌生 x LAMMFROMM オリジナル スニーカー 発売のお知らせ
  3. 【ラムフロム HINKA RINKA 銀座店】ディック・ブルーナ「ブラック・ベア グッズ」特集のおしらせ
  4. 【ラムフロム HINKA RINKA 銀座店】YAYOI KUSAMA x MARK’S “人気グッズ TOP3″
  5. 「ラムフロム HINKA RINKA 銀座店 in 東急プラザ銀座」レポート(その1:お店紹介)

{Comments are closed}