草間彌生 Arts Towadaオープン記念デザイン クリアファイル

草間彌生(くさまやよい)クリアファイルに「Arts Towada」オープン記念デザイン登場です!

青森県十和田市の十和田市現代美術館周辺に登場した野外芸術文化ゾーン「Arts Towada」が4月24日にグランドオープンし、青森県の新しいアートスポットとして注目を集めています! なかでも、制作中から話題となっていたのが前衛美術家、草間彌生先生の大規模なインスタレーション作品「愛はとこしえ 十和田でうたう」です。

このインスタレーション作品に登場する草間アートキャラクターがデザインされたクリアファイル2種類が、ラムフロムに新登場です! ドット柄のワンピースで着飾ったHanako-Chan of TOWADAを中心に草間彌生作品でおなじみのキノコやかぼちゃ、犬と盛りだくさん。

十和田A」では、アートキャラクターが、まるで広場にいるようにカラフルにデザインされています。「十和田B」は、シンプルな白地にデザインされ、裏面が一面ドット柄になっています☆どちらも、明るくにぎやかで、生命力にあふれる草間作品のイメージそのもの。毎日をカラフルにしてくれるクリアファイルですよ!

草間彌生 Arts Towadaオープン記念デザイン クリアファイルの詳細は、ラムフロム・ザ・コンセプトストア・オンライン内の以下のページにてご覧頂けます。

村上隆、INDEPENDENT、X-Largeによる 伝説のコラボレーション「HIROPON」

HIROPON

六本木ヒルズのキャラクター制作やルイ・ヴィトンとのコラボレーションで、多くの人々の注目を集める村上隆。日本の伝統文化やオタク文化を参照し、様々なジャンルをつなげていく彼は、今や世界に愛されるポップ・アーティストと言って過言ではない。そんな彼が初めて行った本格的コラボレーションが、1998年CITIZEN/INDEPENDENTシリーズとしてリリースされたアート・ウォッチ「HIROPON」だ。

HIROPON村上自身がデザインしたこの腕時計は、ステンレスと赤いスケルトンを使ったベルトや赤い本体に、オリジナルキャラ「Mr. DOB」の目玉や顔のモティーフを大胆にあしらったインパクトある風貌。円盤の秒針にも目がプリントされ、さらに裏盤には、特別に描き下ろされたDOB君のドローイングが刻印されて豪華極まりない。時計を入れるパッケージも、ツルっとした質感が村上らしい、彫刻さながらの仕上がりである。999本限定のこの時計は、早々にソールドアウト。ライフスタイルとアートを新たに接合した殿堂入りの逸品として、今も鮮明に記憶されている。

HIROPONさて、この時計にはユニークなアートの逸話がある。ファッション・ブランド、X-Large(エクストラ・ラージ)の創設者が村上ファンだったことが縁で日米のX-Largeショップに置かれることになった「HIROPON」だが、初めて披露された場所は、X-LargeがLAに構えていたアート・ギャラリー、George'sだった。その時に開催されていたのが、村上隆キュレーションによる若手アーティスト展「HIROPON SHOW」。これは村上が推す若手やボーメ、町野変丸ら、日本のオタク・アートの系譜を強烈にアメリカに印象づけた、後にスーパーフラット展へと連なる記念すべき企画だ。当時UCLAに短期の客員教員として招聘されていた村上が、同じく招かれた奈良美智と同じアパート住まいをしていたという有名なエピソードもこの時期のこと。すなわち、村上隆、INDEPENDENT、X-Largeのトリプル・ネームが揃った「HIROPON」は、カリスマがカリスマになる前夜のパワーが濃密に刻印された、伝説の品であることは間違いない。

ネオテニー・ジャパン − 高橋コレクション− @愛媛県美術館

国内外で活躍する、日本の現代アーティスト35名の作品が 一挙紹介される展覧会「ネオテニー・ジャパン ― 高橋コレクション ―」。 全国を巡回する大規模な現代アートの展覧会が、昨日4月7日より愛媛・松山に!

日本屈指の現代美術のコレクターとして知られる精神科医、 高橋龍太郎氏のコレクションより、 村上隆、奈良美智を始め、日本を代表するアーティストの作品を 一度に目撃することができる、豪華な展覧会です。

本展覧会会期中、会場内ミュージアムショップでは、 ラムフロムでも人気のアートグッズを販売しています。奈良美智、村上隆の他、会田誠、小沢剛、 小林孝亘、小川信二、鴻池朋子など 注目アーティストのグッズを手にするチャンスです。ぜひ、あわせてチェックしてみてくださいね!

 

●●●開催概要●●●

  • 展覧会名:ネオテニー・ジャパン ―高橋コレクション―
  • 会期:2010年4月7日(水)~5月16日(日)
  • 会場:愛媛県美術館 〒790-0007 愛媛県松山市堀之内
  • TEL:089-932-0010
  • 開館時間:9:40~18:00(入場は17:30まで)
  • 閉館日:毎週月曜日(ただし、5/3(月・祝)は開館、5/6(木)を休館)
  • 観覧料:一般 1,000円、高大生 700円、小中生 400円

 

展覧会カタログはラムフロムのリアルストア、オンラインストアでもご購入頂けます。展覧会カタログの詳細は、ラムフロム・ザ・コンセプトストア・オンライン内の以下のページにてご覧頂けます。

鈴木芳雄 フクヘン。

鈴木芳雄 フクヘン。

ふくへん。ブログはこちらから >>

ラムフロム『ブログの広場』より、元ブルータス副編集長、鈴木芳雄氏のブログ『フクヘン。』をご紹介します。

ブログ「フクヘン」は、雑誌『BRUTUS』の元・副編集長、鈴木芳雄(すずきよしお)による毎日更新中の人気ブログです!約10年間副編集長を務めた雑誌『BRUTUS』では、「杉本博司を知っていますか?」、「すいすい理解(わか)る現代アート」、「緊急特集 井上雄彦」など、アート関連の特集を多数手がけ、造詣が深いことでも知られています。誰より早い!?展覧会やイベント情報のトピックスはアートファンも必見。芸術のみならず、デザイン・建築をはじめ、映画や写真、食文化にいたるまで、幅広い分野の特集を手がけてきた鈴木氏が綴るブログは、その編集の仕事にも匹敵する知識と情報の集合体として、のスタート時より、読者へ話題を提供し続けています。

鈴木芳雄プロフィール

  • 編集者
  • 2001年〜2010年3月 雑誌ブルータス副編集長
  • 主な仕事「西洋美術を100%楽しむ方法」「国宝って何?」「仏像」「杉本博司を知っていますか?」「すいすい理解(わか)る現代アート」「緊急特集 井上雄彦
  • 愛知県立芸術大学非常勤講師

Pinterest
Instagram