自宅にあるもので名画を再現するアート版”Stay At Home Challenge”が話題です♪

Instagramアカウント:Tussen Kunst & Quarantaine より

本日は、自宅にいながら一人でもファミリーでも楽しめる、今話題のアートチャレンジのご紹介です☆ 鬱々な気分をクリエイティブに吹っ飛ばそう!

全国全世界のアートLoverの皆さま、中々アート鑑賞に行けないでストレス溜まっている皆さま、ならいっそ自分で作品作ろう!と思っても中々そうもできないと感じている皆さま、そしてラムフロム・ウォッチャーの皆さま、中の中の人@ラムフロム、アートは大好きですがアート的才能はナッシング・アット・オール(全くない)、でございます。

え〜さて、本日はですね、そんなわたくしのように、これまで自宅で作品集やドキュメンタリー動画などを見てアートを楽しんでいたものの、そろそろそれにも飽きて来た or 見るものがなくなって来たという方や、外出自粛でお子様含めてストレスがかなり溜まっていると感じてらっしゃるご家族の方にオススメしたい、今世界でちょっと話題になっているらしい「自宅にあるもので名画を再現するチャレンジ」をご紹介したいと思います♪

トイレットペーパー使用率高し!のアート版”Stay At Home チャレンジ”

少し前からネットで話題だったようなのですが、アメリカのゲティ美術館やオランダのアムステルダム美術館などが名画の写真を提供して積極的に紹介している「Stay At Home Challenge」は、好きな名画を選んで、自宅にあるもの何でも良いので、それを使って名画に似た写真を撮ってシェアするというこれぞアートなチャレンジです。

実はこの名画を再現するチャレンジ自体は以前から見かけましたし、森村泰昌さんなどはまさにそのプロと言っても良いかと思います。ですが今回話題となっているのは、外出自粛中のアート好きなルームメイト4人がインスタグラムで公開した再現写真が話題となり、その後ゲティ美術館やアムステルダム美術館が音頭を取る形で?広まっているみたいです。そして今、世界中から続々集まっている再現写真がかなり面白いんです。

ご覧ください。頭には布巾、そして襟の部分(確かコルレットとか呼ばれているやつ)はトイレットペーパーで見事に再現しております。これなら誰にでも出来ますね(笑)

これなんてトイレットペーパーだけですよ?(笑) 先ほどのといい、どちらもトイレットペーパーが世界的に「ないない」言われている今を皮肉っていると思われますが、こんな感じで、結構トイレットペーパーで再現している作品が目につきました。

その他にも、モンドリアンの作品を文房具や衣類で再現したり、買いだめしたのであろう缶づめのみを並べたモネの蓮の作品や、タッパーを重ねて並べたカンディンスキー作品や、まあとにかく普通なのにとっても面白い作品が沢山アップされています。勿論、中には物凄く再現性の高い写真も沢山あるのですが、家の中に普通にあって、誰にでもすぐにそれと分かるトイレットペーパーや冷蔵庫の中身、その辺に置きっ放しの文房具などを使って再現した写真の方が、見ていて多くの発見があって、かつ笑えます。その手があったか!みたいな感じで、なんだか、芸術のそもそもと言いますか、芸術家でなくとも誰もが持っているクリエイティブな面を見ているような感じです。アートには様々な面がありますが、個人的には、今のようにどうしても鬱々としがちな時は、こんな風にただ思いっきり楽しめるアートが大きな救いのように感じますし、こういう楽しみ方を教えてくれたアートLoverの方々や、作品を提供してくれた美術館に深く感謝したい気持ちです。

ちなみに直近で一番「いいね」を貰っていたのがこちら。うん、これなら自分も出来ます。背後の黒犬の代わりはパップ君を使って(恥ずかしいのでシェアはできませんが。苦笑)

え〜と言うことで、本日ご紹介しました名画再現写真&それ以外の愉快な写真は以下のリンク先にてご覧頂けますので、ぜひチェックしてみて下さい☆ すでにInstagramのアカウントをお持ちの皆様は、「 @tussenkunstenquarantaine 」で探して見てください♪

インスタグラム Tussen Kunst & Quarantaine >>

そして、元ネタの名画ですが、以下、ゲティ美術館とアムステルダム美術館が紹介している作品画像のページになります。

ゲティ美術館公式サイト >>

アムステルダム美術館公式サイト >>

※念の為のご注意:各サイトの画像使用およびインターネットでのシェアは自己責任でお願い致します。

え〜と言うことで、以上、本日はアート版”Stay At Home Challenge”のご紹介でした。わたくしと同じく、ネット公開は恥ずかしすぎて出来ないと言う方も多いと思いますが(と言うかきっと殆どの方はそうですね)、ネット公開せずとも家族で楽しんだり、一人でも冷蔵庫の中身を出して並べてフフっとしたりと出来ますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。わたくしも今週末やって見たいと思います!

それではまた来週〜☆(なのか?)